2008年12月09日

クイック・ジャパン74

クイック・ジャパン74 (Vol.74)クイック・ジャパン74 (Vol.74)
Perfume さまぁ~ず 銀杏BOYZ
太田出版 刊
発売日 2007-10-12


コレが一番おススメです。 2008-11-26
Perfumeをネットではなく書籍で手っ取り早く知るには、コレが一番おススメです。

その割に深いところまで掘り下げているのが、Q.J編集部の素晴らしさ。



MUSIC MAGAZINEの特集のノリが「Perfumeをなぜ好きになるのか?」であるのに

対して、こちらは記録資料的価値があるホンキ本。

この時期に早くも特集を組んだことを考えても、差は歴然。



12月発売の写真集とコレが、ファン必携2大Perfume本なのかもしれません。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by GN at 13:12| Comment(45) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クイック・ジャパン80

クイック・ジャパン80クイック・ジャパン80
堀北 真希 /さまぁ~ず /中田 ヤスタカ /萩原 健一 /宇川 直宏 /伊坂 幸太郎 /花沢 健吾
太田出版 刊
発売日 2008-10-14


意外と撮り下ろしグラヴィアあります. 2008-11-02
インタヴューばかりかと思っていたら,撮り下ろしグラヴィアが予想よりも多く,また,堀北真希ちゃん以外の記事も面白いので,買って損しませんでした.この価格なら買いです.


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by GN at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クイック・ジャパン79

クイック・ジャパン79 (Vol.79)クイック・ジャパン79 (Vol.79)
アメトーーク /雨上がり決死隊 /デトロイト・メタル・シティ /ダイナマイト関西
太田出版 刊
発売日 2008-08-12


表雨上がり裏DMCの表紙 2008-09-28
徹底特集は『アメトーーク』雨上がり&加地プロデューサーの対談から、ツッチー、おぎはぎ、すべり芸人のインタビューそして人気者、日村の秘蔵写真も・・・

特集の『DMC』は原作者、若杉公徳のインタビュー&全57話のセルフ解説
映画の出演者、監督などのインタビューが載ってます

他は、ダイナマイト関西や、ドアラと五月女ケイ子&細川徹再開、裏関根インタビューなどです。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by GN at 13:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クイック・ジャパン(Vol.63)

クイック・ジャパン(Vol.63)クイック・ジャパン(Vol.63)

太田出版 刊
発売日 2005-12-10



内村光良と高須光聖の対談という時点で、買い。 2006-01-31
 ダウンタウンの幼なじみにして、今いちばん忙しい放送作家である高須氏が、ウッチャンを「平成のコント王」と評している新鮮な驚き。

高須氏はダウンタウンのブレーンであるから、「ダウンタウンが最高」という意識があるものと思っていたが、予想に反して、ウンナン、そして内村光良のことを、ある面ではダウンタウン以上に高く評価し、また信頼していたのだ。

ウンナンが出演し、高須氏が構成を手がけた「夢で逢えたら」や「気分は上々」の裏話、ダウンタウンとの比較などから高須氏が迫るのは、ウッチャンの「コントへの情熱と愛」。

 ウッチャンが、普段あまり語ることのないお笑いへの思いを、長年の付き合いである高須氏に、重すぎず、クサすぎず、いいあんばいで語っている。

「ピ−ナッツ」で念願の映画監督デビューを果たしたウッチャンに対して、映画の出演者たちや従兄弟の放送作家・内村宏幸氏(通称あんちゃん)から寄せられているメッセージは、彼らのウッチャンへの愛情が強く現れていて、とても暖かい。逆にそれだけ愛されるウッチャンの人間性の深さも感じることができ、ファンには嬉しいところだ。

他に、明石家さんま、松本仁志、笑福亭鶴瓶らが、ラジオへの思いを語るインタビューは、お笑い好きやラジオ好きには読み逃せないところ。

とにかく、お笑いが好き、ウッチャンが好き、「ピーナッツ」が気になる、という人は、買っておいて損はない。


さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by GN at 13:08| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前略 椎名林檎様 |松田 義人 /「Quick Japan」編集部

前略 椎名林檎様前略 椎名林檎様
松田 義人 /「Quick Japan」編集部
太田出版 刊
発売日 2001-02


林檎ファンにはたまらない 2005-06-11
前半は過去の椎名林檎を知る友人による対談形式。
後半は椎名林檎にまつわるKEYワードの解説です。
どんなものに影響を受けながら今の彼女になったのかが分かります。
同じモノを見たり聴いたりしてもカリスマ歌手になったり凡人のままだったり、「感性」の違いだろうと思った1冊です。
情報量にやや物足りなさを感じるも\800なので許せます。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by GN at 13:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

QuickJapan(クイック・ジャパン)

QuickJapan(クイック・ジャパン)は1994年、太田出版から創刊されたサブカルチャー系雑誌で隔月刊に発行されている雑誌です。

初期の頃は一般的には取り上げられることが少ないマイナーな題材を扱うことが多かったようですが、現在ではお笑いや音楽、映画、テレビ番組など幅広くサブカルチャー系の話題を扱うようになっています。

主に特集記事などでは芸能人、タレント、アーティスト、文化人など、いろいろな分野で活躍する人のインタビュー記事(時には十数ページにおよぶ)や、アーカイブや辞典、年表などの膨大な関連データを掲載するのが特徴である。

QuickJapanバックナンバー

宝島社の「宝島」と入れ替わりで登場したこともあり、1990年代中盤から2000年代前半に至るまでサブカル誌の雄として名を馳せた。近年はテレビ番組や人気お笑い芸人といったメジャーなものを特集することも多く、以前に比べてサブカル色は薄くなっている。

QuickJapanバックナンバー
posted by GN at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。