2008年12月09日

クイック・ジャパン79

クイック・ジャパン79 (Vol.79)クイック・ジャパン79 (Vol.79)
アメトーーク /雨上がり決死隊 /デトロイト・メタル・シティ /ダイナマイト関西
太田出版 刊
発売日 2008-08-12


表雨上がり裏DMCの表紙 2008-09-28
徹底特集は『アメトーーク』雨上がり&加地プロデューサーの対談から、ツッチー、おぎはぎ、すべり芸人のインタビューそして人気者、日村の秘蔵写真も・・・

特集の『DMC』は原作者、若杉公徳のインタビュー&全57話のセルフ解説
映画の出演者、監督などのインタビューが載ってます

他は、ダイナマイト関西や、ドアラと五月女ケイ子&細川徹再開、裏関根インタビューなどです。


さらに詳しい情報はコチラ≫
posted by GN at 13:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クイック・ジャパン(Vol.63)

クイック・ジャパン(Vol.63)クイック・ジャパン(Vol.63)

太田出版 刊
発売日 2005-12-10



内村光良と高須光聖の対談という時点で、買い。 2006-01-31
 ダウンタウンの幼なじみにして、今いちばん忙しい放送作家である高須氏が、ウッチャンを「平成のコント王」と評している新鮮な驚き。

高須氏はダウンタウンのブレーンであるから、「ダウンタウンが最高」という意識があるものと思っていたが、予想に反して、ウンナン、そして内村光良のことを、ある面ではダウンタウン以上に高く評価し、また信頼していたのだ。

ウンナンが出演し、高須氏が構成を手がけた「夢で逢えたら」や「気分は上々」の裏話、ダウンタウンとの比較などから高須氏が迫るのは、ウッチャンの「コントへの情熱と愛」。

 ウッチャンが、普段あまり語ることのないお笑いへの思いを、長年の付き合いである高須氏に、重すぎず、クサすぎず、いいあんばいで語っている。

「ピ−ナッツ」で念願の映画監督デビューを果たしたウッチャンに対して、映画の出演者たちや従兄弟の放送作家・内村宏幸氏(通称あんちゃん)から寄せられているメッセージは、彼らのウッチャンへの愛情が強く現れていて、とても暖かい。逆にそれだけ愛されるウッチャンの人間性の深さも感じることができ、ファンには嬉しいところだ。

他に、明石家さんま、松本仁志、笑福亭鶴瓶らが、ラジオへの思いを語るインタビューは、お笑い好きやラジオ好きには読み逃せないところ。

とにかく、お笑いが好き、ウッチャンが好き、「ピーナッツ」が気になる、という人は、買っておいて損はない。


さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by GN at 13:08| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。